ファーストアドレスの現在、そして今後の目標

池田 晃啓(代表取締役社長)


「エンジニアファースト」と「さらなる成長」の両立

当社はクライアントのソフトウエアシステムの開発、支援、保守などをするために、案件ごとに自社もしくは外部のパートナーエンジニアをアサインしています。

元請けの案件が多いため、経営は安定しているものの、依頼を請けすぎてエンジニアに無理が生じてしまっては本末転倒と考えています。それこそ、悪いサイクルへ自ら突入してしまうことになりますから。

なので、はじめに案件の内容や予算が見合っているかを精査してから、社員や外部のパートナーエンジニアに「できるかどうか、挑戦してみたいかどうか」をうかがい、案件参画への意志がはっきりと確認できれば請け負うようにしています。先程も申し上げたように、エンジニアが意欲的に取り組めるような案件だけを請けるようにする、エンジニアファーストの姿勢がブレることはありません。

日本初の製品を手に、世界進出を狙う

目標は、自社のソフトウエアシステムをつくること。しかも日本初の製品をつくりたい。現在ではお客さま(クライアント企業)のプロジェクトへエンジニアをアサインする業務が主ですが、できる限り早い段階で自社オリジナルの製品を世の中へ発信したいと思っています

わたしは起業する前に大手電子機器メーカーで働いていました。その会社は日本で初めて電話を販売するなど、当時としてはイノベーションと言われるような事業を展開していました。そこで学んだのは、「他社にできない強みを持てたら、世界から必要とされる企業に成長できる」ということ。だからこそ、前例がない革新的なソフトウエアを自社で開発したいと思っているのです。

一人ひとりがプロフェッショナルなエンジニア集団の構築

とはいえ、日本初の製品をつくるのは簡単ではありません。エンジニア一人ひとりのレベルを高めて、チームとして成長する必要があります。またこれからは「言われたことだけを実行するエンジニア」は、市場価値が高まりませんし、やがてAI(人工知能)に仕事を奪われる可能性もあるかもしれません。ずっと遠い未来のことかもしれませんが、わたしは全てのエンジニアに共通のリスクと認識し、若手だろうが積極的にさまざまな業務を任せて経験を積ませるようにしています。

こうした取り組みの積み重ねが、会社にとってはプロフェッショナルの集うエンジニア集団の形成につながり、エンジニアにとっては自分自身の市場価値向上につながるのだと考えています。

成長欲求が強い若手エンジニアと、次のステップへ

再度申し上げますが、当社が目指しているのは、世界から求められる企業になること。そのためにハイレベルなエンジニア集団をつくり上げ、日本初の製品をつくりたいと考えています。

この思いに共感いただける方はもちろん、「若いから」という理由で、同じ作業ばかりを命じられて不満が溜まっている方は、ぜひ当社へお越しください。さまざまな案件を通じて、ご自身の思い描くエンジニア像を実現してほしいと思います。