入社理由となりたい自分

エンジニア兼採用担当


テストやデバッグばかりだった前職

新卒で入社した会社では、ソフトウエアエンジニアとして勤務していました。入社からしばらくは、コーディングを教わりながら、エンジニアとしての基礎を固めていく日々。ゼロからのスタートだったので、知識や技術が身についていくのはうれしいものでした。そんな毎日だったのですが、1年、2年と働き続けるなかで、次第に自分の将来に疑問がわいてきたんです。「このままでいいのかな」と。

というのも、当時の業務は、ソフトウエアエンジニアとはいうものの、実際はテストやデバッグばかり。使う開発言語も限られていて、月日が経つにつれ仕事が”作業”になっていくのを感じていました。この会社にいて自分の思い描くキャリアアップができるのか。そんな不安がどんどん膨らんでいったんです。そんなわけで、「このままじゃいけない」と転職することにしたんです。

「若手でも実務経験ができる」にひかれて入社

転職活動では転職サイトを利用していたんですが、さまざまな企業を調べているなかでファーストアドレスのことを知ったんです。その後、面接に進むわけですが、代表と面接をしたときにグッときたセリフがあって。それが「エンジニアは実務経験が大事だから若いころからいろんな経験をすべきだ」というもの。

前職では同じ業務の繰り返しで、将来のキャリアが見えない、という不満や不安を感じていました。さらに当時の上司からは、「まだ若いんだから、先輩の業務を見て学べ」と言われました。成長を後押ししてくれる仕組みも空気も人もいない……そんな社風にストレスを感じていました。

だから代表の言葉はうれしかった。この言葉を聞いて、「この会社なら自分の思い描くキャリアを実現できるかもしれない」「エンジニアとして成長できる」と感じられましたからね。それで入社することを決めたんです。

入社して分かった、できる領域の広さ

入社してすぐに驚いたことは、できることの多さですね。開発に携われるのはもちろん、開発工程に合わせて、いろんな開発言語を使うこともできる。求められる知識や技術も幅広いので、急速にエンジニアとしての引き出しが増えていった、そんな手応えを感じていました。そもそもスキルアップというのは、こうした実感が伴うものだと思います。

また、外部のパートナーエンジニアとお客さま(クライアント企業)のハブ的な立場で動けることもうれしかった。エンジニアとしての経験が少ないにもかかわらず、エンジニアのアサインや工程管理といったマネジメント業務に携われるなんて思ってもみなかったですからね。エンジニアとしてのキャリアを飛び級で進んでいる感覚です。

企業コンサルタントになるためのスキルを磨ける職場

ゆくゆくは企業のコンサルティングも手がけられるエンジニアになりたいと思っています。当社であれば、技術力の向上はもちろん、交渉力やヒト・モノ・カネの管理スキルなど、企業コンサルタントはもちろん、PMやPLクラスに求められる要素を効率的に吸収することができますからね。成長意欲や上昇志向の高い方には、うってつけの環境だといえるでしょう。